かがみ
知加子

子どもは何歳になっても お母さんには元気で笑っていてほしい

親の老い

久しぶりに里帰りをした
たいした中身のない会話
ただ当たり前に時間が流れ
いつものお気に入りの美濃地方特産の「ころうどん」を食べる

しかし、良くしゃべる父
「うるさいな~・・・」心の中での声

そして、実家に帰った時は、必ずお墓参りに行く
おじいちゃんが大好きだったから

これが私の実家での当たり前の様子
しかし、今回母親の様子が違って見えた

こんなに衰えていたっけ???
(心の声)

目が見えない
感覚が鈍っている
足元がおぼつかない
動作が緩慢

そんな姿を見て、イラつく自分がいた

なぜだろう・・・・

親の老いを受け入れたくないのだ・・・

私の中の母は元気で
掃除が好きで
料理が好きで
近所の人とおしゃべりが好きで

口うるさく
・・・・・・・・

いつまでも元気な母の姿が私の中にある

なのに目の前に居る母は

老いた母の姿

子どもは何歳になっても
お母さんには元気で笑っていてほしいのだと
改めて感じた

53歳になった子どもが母に見る思いであった

関連記事一覧

\ 新着 /Accesstherapy 開催情報

Accesstherapy 感想

facebook \ Follow us on /